P1010412.JPG

2013年10月27日

業界関係者「氷山の一角」 表記、基準なし

 阪急阪神ホテルズ(本社・大阪市)が運営するホテルのレストランなどでメニュー表示と異なる食材が使われていた問題が波紋を広げている。別の高級ホテルでも同様の偽装が発覚し、ホテル業界関係者は「氷山の一角だ」と話す。問題の背景には、メニュー表記に明確な基準がなく、食材の名称に関する共通知識も乏しい外食産業の実態が浮かび上がる。落ちた「ブランド」への信頼は取り戻せるのか。【石戸諭、田所柳子、田中謙吉】

 ■芝エビは「通称」

 「小さいエビを『芝エビ』、大きいエビを『車エビ』と呼ぶのが業界の慣行だった」。大阪市内のホテル関係者は声を潜めた。阪急阪神ホテルズでは、安価なバナメイエビを「芝エビ」と表示。ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市)や東京ディズニーリゾート(千葉県)内のホテルでも、安価なブラックタイガーを「車エビ」と表記していた。ホテル関係者は「通称名みたいなものだ。バナメイエビと表示しても客は食べてくれない」と話す。水産庁は2003年、エビなどの海産物を正確に表記するよう販売業者らに呼び掛けたが、食品業界に詳しいコンサルタントは「調理現場の意識は変わらない。外食産業全体の問題だ」と話す。

 消費者庁によると、スーパーなどで小売りされる食品は、日本農林規格(JAS)法で容器や包装の表示基準が決められているが、メニュー表示は対象外。担当課は「著しく優良であるかのように誤認させる表示は景品表示法が禁じているが、明確な基準はない」と話す。今回、冷凍保存した魚を「鮮魚」と表記していたが、法的な規制はない。ホテル関係者は「マグロは通常、冷凍で仕入れるが『鮮魚』と言えないのか」と困惑する。

 ■非日常売りに

 「市場直送の新鮮魚介」「高原のヨーグル豚」……。ホテルの高級店には、産地やブランド食材を冠したメニューが並ぶ。全国チェーンのホテル関係者は「ホテルの料理は非日常を売りにする。華やかなイメージで客を引きつけるには、凝った名前や産地が欠かせない」と話す。しかし実態が伴わないケースも多い。プリンスホテル(本社・東京都)では今年6〜10月、レストランなど27店で66品に表示と異なる食材を使っていたことが発覚。地鶏ではない焼き鳥を「地鶏」として提供したり、アブラガニを「ズワイガニ」などと表記した。担当者は「調理現場は外来語や地名などを盛り込み、本格的なイメージを追求しがちだ」と話すが、食材業者は「高級食材は安定供給が難しく、代替品で間に合わせる場合もある」と明かす。

 ■現場任せ

 「調理場は職人の世界。管理する側もなかなか立ち入れない」。大阪市内のホテル幹部は調理現場が聖域化しがちな実態を証言する。阪急阪神ホテルズの出崎(でさき)弘社長も24日の会見で、「社内の風通しが悪かった」とチェックが行き届かなかったことを認めた。対策を進めているホテルもある。帝国ホテル(本社・東京都)は08年、社内に「食の安全と信頼委員会」を設置。メニュー作成▽食材発注▽検品−−の各段階で、異なる担当者がメニューと食材の一致などを確認し、定期的に現場監査もしている。担当者は「現場の『良心』に委ねるとヒューマンエラーが起きうる。組織の管理体制が問われる」と警鐘を鳴らす。

 「だます意図はなかった。偽装ではなく誤表示だ」。阪急阪神ホテルズをはじめ、問題が発覚したホテルの多くがそう釈明するが、消費者の視線は厳しい。食品会社のリスク管理に詳しい西澤真理子・東京大非常勤講師は「業界内の常識や慣行ではなく、消費者の立場で対応しなければブランドへの信頼を失う。消費者の側にもイメージに振り回されず、価値を見極める目が必要だ」と指摘する。

ソース元 毎日新聞

企業体質としては問題であると思います。しかし、違うものを入ってても何とも思わなかった、舌の肥えたお客様が見抜けなかったのもどんどん偽装か誤表示をさせてしまいましたね。

情けないのが、「ミシュラン・ガイド」
あそこは、えらそうに★つけて1つ星つけたみたいだけど、偽装見抜けなかったんだから、そこまでのレベルなんかなぁって思った。

上っ面だけで中身なし!?


posted by さぼろーちゃん at 22:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

「イコカ」「ピタパ」値上げは10円刻み 1円刻みにできない事情

 来年4月に消費税率が8%に引き上げることが決定したことを受け、JR西日本と関西私鉄5社がカード型IC乗車券の運賃を「10円刻み」で値上げする方向で準備に入った。「1円刻み」の場合、自動券売機で切符などを買う料金と差が生じ、利用者の反発を招く恐れがあると判断した。関西に比べICカードの普及率が高いJR東日本と首都圏の私鉄は「1円刻み」の値上げを検討しており、東西で対応が分かれる格好になる。

 今月16日の記者会見で、JR西日本の真鍋精志社長は、消費税増税に伴う運賃の値上げについて、「10円単位での対応でやりたい」との考えを改めて示した。近畿日本鉄道や阪急電鉄などの私鉄5社も10円刻みでの対応とする方針だ。

 10円刻みで値上げした場合、増税分を料金に反映した上で、1円単位を四捨五入するか、切り上げるとみられる。例えば、200円の区間で単純計算すると、10円刻みでは四捨五入のケースで210円、1円刻みだと206円になる。

 関西で発行されるICカードは、JR西の「ICOCA(イコカ)」と私鉄などの「PiTaPa(ピタパ)」。発行枚数はそれぞれ、約853万枚と約245万枚で、利用客への普及率は定期外だと3〜4割にとどまる。

 関西にはICカードが使えない郊外駅があり、回数券などの人気が根強い。自動券売機で買えるプリペイドカードの愛好者が多い上、ピタパは利用料金が後で金融機関の口座から引き落とされる方式で、「与信審査のためにカード発行に時間や手間がかかることも普及率低迷の一因」(関西私鉄幹部)とされている。

 1円刻みで運賃改定できれば、増税分をより細かく反映できるメリットがある。

 ただ、導入する場合は改札機などのシステムの改修が必要。ICカードの普及率が低いと券売機での運賃と異なる「二重価格」となる可能性が大きく、JR西や関西私鉄は1円刻みの運賃改定に踏み切ることには消極的だ。

 これに対し、首都圏ではJR東日本の「Suica(スイカ)」は約4442万枚、私鉄各社の「PASMO(パスモ)」は約2364万枚も出回っている。普及率は約8割と高く、利用者の理解が得られると考えていることが1円刻みの導入の背景にあるようだ。


ソース元 産経新聞

イコカの場合はとくに使っても入金したところでポイントが増えるだけでもなく、「楽」以外のメリットが感じられない右斜め下

スマートイコカはポイントとかあるけど、普及はもっと低そう・・・

1000円入金したら1100円分とかならないのもおかしいし、せめて楽天Edyのようなポイントを付けたらもっと普及するのにね・・・ETC割引のように、カード使えば安くするかやね


普及率の表(ヤフーHP)





posted by さぼろーちゃん at 21:48| 兵庫 ☁| Comment(0) | 消費税対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

ヤマダ電機、なぜ苦境に?

 10月15日、ヤマダ電機は2013年4〜9月期の決算を発表し、42億円の赤字に転落したことが判明した(前年同期は139億円の黒字)。02年に連結決算に移行後、4〜9月期としては初の最終赤字となった。薄型テレビが売れず、中国の2店舗を閉鎖したことによる特別損失を計上したことが響いた。

 売上高は前年同期比11%増の8970億円。6月後半の猛暑でエアコンの売り上げが伸びたほか、白物家電が堅調。ベスト電器を子会社にしたことも売上増に寄与した。

 中国の店舗は5月に南京店、6月に天津店を閉鎖。中国進出1号店の瀋陽店を残すだけとなった。瀋陽店は撤退できない理由がある。南京店、天津店は賃貸物件だが瀋陽店は持ちビル。高値づかみした物件を売ると不動産の売却損が生じて、決算に大きな影響を与える。業績が回復するまで売りたくても売れないのだ。

 中国での5店舗の新規出店計画をあきらめざるを得なくなったのは、ヤマダという社名が影響しているといわれている。「ヤマダという社名が、中国のテレビで盛んに放映されている抗日ドラマに出てくる日本兵の名前(山田)を連想させる。消費者が拒否反応を示したことが、中国での不振の原因の一つとなった」というのだ。

 4〜9月期の決算で注目されたのは、本業の儲けを示す営業利益が24億円の赤字(前年同期は213億の黒字)となったことだ。営業赤字は1989年の上場以来初めてのことだ。

 11年10月にTOB(株式公開買い付け)で中堅住宅メーカーのエス・バイ・エルを買収したが、同社は業績不振が続いている。1997年3月期に1806億円あった売上が13年2月期(12年に決算期を2月に変更)は398億円まで減少した。松田佳紀・ヤマダ副社長を社長に送り込み、社名をヤマダ・エスバイエルホームに変更。営業・宣伝の拠点として約200店のヤマダ電機店内に「住まい専用ブース」を設置し、18年2月期に現在の5倍の2000億円の売上を目指すとしてきた。

 しかし、ヤマダ・エスバイエルホームは14年2月期の連結業績予想を10月7日に下方修正した。売上高は従来予想より25億円少ない535億円(前期は398億6000万円)。営業利益は8億4500万円少ない3億5000万円の黒字(同6億6400万円の赤字)、当期純利益も8億1000万円少ない2億円の黒字(同7億9200万円の赤字)と大幅な下方修正となった。これを受け同社は、東日本エリアの労務費高騰で、予定していた利益確保が困難になったと説明した。

●台頭するネット通販

 ヤマダの営業赤字は、住宅関連事業の不振だけが原因ではない。もっと大きな要因は、粗利益率が前年同期の25.1%から22.5%に2.6ポイントも低下したことによる。その理由について同社は、「(家電製品の価格比較サイト)価格.comへのデータ提供で価格競争が激化したため」と説明している。

 ネット通販の台頭で、経営環境が激変したことが背景にある。11年7月に地上デジタル放送への移行が完了。家電量販店はテレビ特需の反動減に見舞われた。しかし、これは織り込み済みで、ヤマダでは12年7月には特需の反動による売り上げ減が一巡して、その後は、徐々に回復していくと想定していた。

 13年4月度から月次情報の集計方法を変更しているため(携帯電話を除外)、前年との比較はできないが、同社の発表によると4〜9月の既存店売り上げは4.5%増、全店売上は8.5%増となっている。9月からベスト電器の売り上げも含めており、4〜8月についても同じ基準で再度計上し直している。

 この1年間に「ショールーミング」と呼ばれる新しい消費行動が顕著になったことがヤマダの業績を直撃した。消費者は品揃えが豊富な家電量販店の店頭に行き、商品を実際に触って確かめ、スマートフォーン(スマホ)を使って価格.comで同じ商品を安く販売している店を調べ、ネットで買う。若者を中心に広がっている購買のパターンだ。

 店舗のショールーム化に対応するため、ヤマダは価格の決定権を店長など現場に与えた。来店した客が価格.comの最安値を提示して「もっとまけろ」と要求したら、店長は価格.comの水準まで値下げして売った。店長に裁量権を与えたことによって、店舗によって売り値がバラバラになってしまった。現場の混乱が粗利益をストレートに低下させた。中国店閉鎖の特別損失を吸収できずに赤字に転落したのは、販売最前線で戦う態勢が取れなくなったからだ。

●低迷する株価

 粗利益率の低下や営業利益の減少は、一時的なものではない。14年3月期の通期見通しは、売上を520億円引き下げ前期比11%増の1兆8890億円、純利益は157億円下方修正して同64%減の81億円を見込む。

 株価は9月6日、2872円と3000円の大台を割り込み、年初来の安値を更新した。年初来高値4980円(4月22日)より42%下げた。9月末に株式を10分割(1株を10株にした。理論株価は10分の1)した後の株価の推移は、10月15日に258円の安値をつけた(10分割後の高値は10月1日の299円)。株式分割を考慮したベースの株価は、03年8月以来、10年ぶりの安値圏に沈んだ。破竹の快進撃を続けていた2000年代後半には株価は1万5590円(06年1月10日、10分割後で換算すると1559円)を実現したが、いまではその2割にも満たない。

 果たしてヤマダは苦境を乗り越えることができるのか? 市場の注目が集まっている。

ソース元 ヤフービジネスニュース

メーカー員のただ働きの話からおかしくなってますね右斜め下

ネット安いからねぇ・・・ポイントも共通で使えることも多いからわーい(嬉しい顔)



posted by さぼろーちゃん at 14:16| 兵庫 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

「天空の城」見たい!違法駐車急増で登山道規制

 雲海に石垣が浮かぶ姿から「天空の城」と呼ばれる兵庫県朝来(あさご)市和田山町の国史跡・竹田城跡で、早朝の雲海目当てに訪れる車や徒歩の登山客が急増し、渋滞や違法駐車が目立つようになったため、市は18日夜から、登山道での車と歩行者の通行禁止措置に乗り出した。

 規制は当分の間とし、土日曜日と祝日の前日午後6時から翌日の午前8時まで実施。代わりに麓からシャトルバスを運行する。

 通行禁止区間は、登り口から城跡最寄りの駐車場までの1・5キロと、同駐車場から南登山道出口までの1・3キロの山道。

 近年、城跡が映画やテレビ番組のロケ地として脚光を浴び、とくに秋、冬は雲海を見ようと車で訪れる客が急増、城跡に近い2か所の駐車場(計70台)が混雑している。

ソース元 読売新聞

せっかく観光地やのに、整備が遅れている影響としか思えませんね

しっかり整備して地元が潤うような何かアイデアがあればいいね

 週末や3連休は登山道や麓の城下町で渋滞や違法駐車が深刻化。地元住民らの苦情を受け、朝来署が市に規制を申し入れていた。

 このため市は当面、登山道の通行を禁止し、城跡そばの駐車場を閉鎖。代替措置として、麓のJR竹田駅近くの停留所から、午前4時30分〜同9時、山腹の観光施設「山城の郷(さと)」まで無料でシャトルバス(27人乗り)2台をピストン運行する。この乗客と、タクシーや旅行会社、宿泊施設のバス利用客に限り、山城の郷から城跡までの徒歩の登山(約50分)を認める。

 城跡の観光客は2007年度の2万人から、12年度には23万7600人に急増。13年度は今月14日までに25万7600人が訪れ、前年同期より12万人近く増えている。石垣などの傷みも目立ち、今月から高校生以上300円の観覧料徴収を始めている。
posted by さぼろーちゃん at 22:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。